本文へスキップ

私たちが本来持っている生命力を引き出して、健康寿命を延ばすことを目的としています。


一般社団法人
ドイツ振動医学推進協会 日本支部

パウル・シュミットのバイオレゾナンスBioresonance

パウル・シュミットのバイオレゾナンス

方針イメージ

振動医学推進協会のメンバーは、パウル・シュミットが作り上げた、バイオレゾナンス理論を実践しています。

バイオレゾナンスの一例として「日焼け」が挙げられます。
日焼けは太陽の熱で起こるのではなく、紫外線が皮膚に当たって色素沈着を生じます。波長が320〜400ナノメーターの紫外線は肌への色素の形成を活性化します。

皮膚の中には、太陽の光のどの周波数で皮膚に色素沈着させるか(日焼けさせるか)という制御システムが内蔵されているのです。

他に、ビタミンDも紫外線を浴びることによって、体内に合成されています。

これも、バイオレゾナンスと言えるでしょう。


書籍のご案内

ドイツ発「気と波動」健康法  増補改訂版(日本語)
出版社:イースト・プレス
定価 1,540円(税込)

【 目次 】
  1. 「気の流れ」を取り戻す「波動調整」
  2. バイオレゾナンス(生体共鳴)のメカニズム
  3. ”身の回り”の危険因子を探る
  4. 「食の安全」を波動的に検証する
  5. 住環境にも潜む「不調」の原因
  6. 進化を続けるバイオレゾナンスの可能性

パウル・シュミットのドイツ波動健康法―自分で守る自分のからだ (日本語)
出版社:ビオマガジン
定価 1,430円(税込)

【 目次 】
  1. 全身の気の流れを整える パウル・シュミット式バイオレゾナンス
  2. 共鳴現象を主体に応用したバイオレゾナンスのメカニズム
  3. 7層構造で成り立つ私たちの”からだ”の真実
  4. 私たちの健康を左右する様々な要因
  5. 今日からできるパウル・シュミット式バイオレゾナンス
  6. バイオレゾナンスの最前線、ドイツを訪れて

ご注文・お問い合わせは下記よりお願いいたします。
お電話でのお問い合わせは 03-5356-7330
FAXでのお問い合わせは 03-5356-7332 まで、お気軽にどうぞ


Advances in Bioengineering & Biomedical Science Research  ISSN: 2640-4133
パウル・シュミットによるバイオレゾナンスとその有益な効果について
「腸管バリアーの完全性に及ぼす影響」

Peter C. Dartsch, Dietmar Heimes
投稿:2022年7月18日、受理:2022年7月22日、掲載:2022年8月3日 査読付き論文

概要
腸の上皮は、わずか1層の細胞層であるが、2つの重要な役割を担っている。第一は、腸管内腔の内容物と体の他の部分との間に物理的な障壁を作ることである。もうひとつは、腸管内腔から必要な栄養素を効率よく吸収し、粘液、抗菌ペプチド、保護作用と免疫調節作用を持つサイトカインを産生することである。
したがって、バリア機能の低下は、腸だけでなく、全身の健康に影響を及ぼす可能性がある。
本研究では、バイオレゾナンス周波数スペクトルを照射するために開発されたバイオレゾナンス・デバイスを使用することで、バリア機能の完全性を促進し、維持するかどうかを調査した。

腸管上皮細胞(IPEC-J2)を、ダイポールアンテナシステムを搭載したバイオレゾナンス・デバイス(=verum=本物)に曝露してから、微小孔のあるトランズウェルプレート上で培養し、腸管バリアを構築した。対応するコントロールの培養物は、ダイポールアンテナシステムを搭載していない非動作状態のバイオレゾナンス・デバイス(=プラシーボ)に同じように曝露された。
経上皮電気抵抗は、腸管バリアの完全性の指標として測定された。
その後、両方のバイオレゾナンス・デバイスから構築された腸管バリアを500μM(マイクロモル)と1,000μMのH2O2(過酸化水素)に30時間暴露し、経上皮電気抵抗を再度測定した。
さらに、酸化ストレス条件下における腸管上皮細胞の再生過程に対する両バイオレゾナンス・デバイス(verumおよびplacebo)の効果を、無細胞領域の閉鎖性の検討を通じて調べた。

実際に波を照射するバイオレゾナンス・デバイスに細胞をさらすと、非送波のバイオレゾナンス・デバイスに比べて腸のバリアが30%以上強化された。
さらに、強化された腸管バリアは、実際に波を照射するバイオレゾナンス・デバイスでは非送波のバイオレゾナンス・デバイスに比べて、500 μMのH2O2に対して+20 %、1,000μMのH2O2に対して約+30%と有意に耐性を示した。

この観察によると、腸管上皮細胞の外傷や損傷後の再生プロセスは、実際に波を照射するバイオレゾナンス・デバイスを使用することで、非送波のデバイスと比較して12%以上再生が促進された。
我々は、実際に波を照射するバイオレゾナンス・デバイスを生体に使用することで、腸管上皮バリアの完全性、機能、再生が改善され、全身の健康が改善、維持される可能性があると結論づけた。

「酸とアルカリのバランス」について


パウル・シュミットのバイオレゾナンスでは 衣・食・住 の観点から私たちが健康を維持するために注目すべきことをテストプログラムとして用意しています。

その中で食については「酸とアルカリのバランス」を重要視しています。
「気と波動健康法 増補改訂版」154頁参照。

スイスからの報告:酸とアルカリのバランス(酸塩基平衡):身体から酸を減らす



過酸はほとんどの病気の原因であるとする説がある一方で、酸塩基平衡は体内で調整できるとする説もあります。真実は、おそらくその間にあるのでしょう。

過酸の症状
なぜ、これほどまでに意見が分かれるのでしょうか。過酸症にしか起因しない明確な症状がないためでしょう。頭痛、肌荒れ、消化不良、めまいなど、あらゆることが胃酸過多のサインになり得ますが、まったく別のことを意味する場合もあります。

アシドーシスとはどういう意味ですか?
pH値とは、酸性かアルカリ性かを示す値です。7以下は酸性、それ以上はアルカリ性とされています。人間の血液のpH値は7.4ですが、これがわずかでも変動すると、もう命にかかわるのです。そのため、体内ではpH値を調整し、酸と塩基(アルカリ)を緩衝させることができるのです。

体が酸を緩衝する仕組み
最も重要な緩衝剤は、炭酸-重炭酸塩緩衝剤である。食べ物と一緒に摂取した酸を中和します。酸は二酸化炭素の形で吐き出されます。こうして、酸の約2/3が体外に排出されるのです。肺だけでなく、腎臓や肝臓も長期的に酸の調節に関与しています。また、ごく一部は汗や腸からも排出されます。

体液の組成の中で、酸が最も有害であることは間違いない:ヒポクラテス、紀元前400年。

pHテストストリップ(試験紙)による測定
酸が分解されると、これも尿に反映されます。血液とは異なり、尿のpH値は5〜8の間で変動しており、この範囲の値であれば無害とされています。テストストリップを使えば、自宅で簡単に尿中のpH値を測定することができます。ただし、この測定では、血液が過酸状態であるかどうかはわかりません。検査の結果は、尿中に排泄された酸の量を知ることができるだけです。

過酸になるとどうなるか
ローザンヌ大学病院の研究によると、酸を発生する食品を多く食べている人の場合、骨に含まれるアルカリ塩がわずかな時間でたまってしまうことがわかりました。こうして、体内の余分な酸を調整すると同時に、骨に大切なカルシウムも失われてしまうのです。つまり、尿の値が正常範囲内であっても、長期間にわたって強酸性食品を摂取し続けると、骨の安定性に好ましくない影響を及ぼすということです。しかし、いくつかの研究のまとめでは、この関連性は確かなものではないと断言されています。

アシドーシスでは、酸塩基平衡が著しく乱れ、血液中のpH値も7.35を下回るため、過酸になります。
アシドーシスは、慢性腎不全などの臓器不全によって引き起こされます。顕性アシドーシスは、間違った食事だけで引き起こされることはまずありません。

しかし、それだけではありません。食事で多すぎる酸を常に緩衝していると、尿路結石や腎臓結石の形成を促進することになります。また、多くのアドバイス本で非常に人気があるのが、いわゆる結合組織アシドーシスである。長期にわたる酸の過剰摂取は、セルライトなどの原因となる、いわゆる結合組織の老廃物の形成につながると言われています。もっともらしいことを言っても、この説は証明されていません。

以下のような状況では、体が過酸になる傾向があります。
過酸を認識するためには、検査診断が必要です。24時間尿検査のpH値では、十分な決め手がありません。
- 激しい運動は、乳酸濃度の上昇をもたらす
- 糖尿病
- 絶食
- 過度のアルコール摂取
- 腎臓の酸の緩衝能力は、加齢とともに低下する

身体の脱酸
とはいえ、酸の生成の増加と格闘しなければならない多くの病人の経験から、「脱酸」がパフォーマンス、消化、健康に良い影響を与えることが分かっています。例:競技スポーツ選手では、激しいスポーツをすると、短時間で血清中の乳酸濃度が上昇します。したがって、塩基を多く含む食事は、特に競技スポーツ選手の場合、酸の緩衝作用が強くなり、疲労回復やパフォーマンスの向上につながるはずです。

食べ物が酸っぱいのはどんなとき?
食べ物に関して、「酸っぱい」は誤解されがちです。酸味のある食品は、必ずしも消化時に酸を発生させる作用があるわけではありません。肉類に含まれるような硫黄を含むタンパク質の構成要素は、体内で酸を形成します。果物や野菜は、多くのミネラルを含んでいるため、一般的にアルカリ性の食品とされています。
したがって、重要なのは、食品が酸性に代謝されるかアルカリ性に代謝されるかであって、元の形の食品としてどうであるかということではありません。個々の食品の酸の含有量については、全く異なる情報を見出すことができます。その理由は何でしょうか。ある情報源は食品のpH値を示し、他の情報源はその値が代謝された形でどのように機能するかを示します。また、食品の栽培、調理、消化の仕方によってpH値は変化します。

アルカリ食品
スイス栄養協会では、RemerとManzに基づき食品を分類しています。さまざまな食品の腎臓への平均的な酸負荷は、PRAL(potential renal acid load)に従って与えられています。数値が高いほど、酸を発生しやすく、負の値であれば、食べ物はアルカリ性に代謝されます。通常、アルカリ食品を80%まで、酸性食品を20%まで摂ることが推奨されています。

出典:CSS 「私の健康」より
https://www.css.ch/de/privatkunden/meine-gesundheit/ernaehrung/ernaehrungswissen/saeuren-basen-haushalt.html

スイスのルツェルンに本社を置くCSSグループは、1899年に設立されました。160万人以上の被保険者を抱え、保険料は約66億スイスフランで、スイスを代表する医療・財産保険会社の一つです。基本的な保険ではマーケットリーダーです。99の代理店と約2,700人の従業員を擁するCSSは、スイス全土のお客様の近くに位置しています。


ドイツからの報告:酸とアルカリのバランス(酸塩基平衡):
アルカリ性食品を上手に食べよう
Dipl. oec. troph. ハンス・ヘルムート・マルティン



自然療法士や医師は、生体の酸塩基平衡の影響や栄養の重要性について長い間議論してきました。普段の食事選びで酸性食品を食べているのか、アルカリ性食品がいいのか?

私たちの体内のすべての代謝プロセスは水性環境で行われ、pH値を含むさまざまな環境条件に依存しています。血液中のpH値は常に7.35〜7.44の弱アルカリ性で、その変動は栄養や酸素の運搬、酵素やホルモンの活性、細胞膜の透過性、電解質の分布、神経系のインパルス伝導、筋肉細胞の興奮性に影響を与えます。また、ほとんどの分泌物や臓器は弱アルカリ性域にあります。一方、胃の中の環境は極めて酸性が強い。この酸性の環境は、最適な消化性能を確保し、望ましくない細菌を死滅させます。

からだが有する効果的なバッファーシステム
血液のpHの変動を補正するために、さまざまな緩衝系が働いています。血液中の最も重要な緩衝剤は、炭酸−重炭酸塩システムである。体内の総バッファー容量の約半分を占めています。さらに、赤血球の色素であるヘモグロビンや血液中のリン酸化タンパク質は、酸を遮ることができます。主に肺や腎臓を経由して、再び放出する必要があります。その際、酸の水素イオン(H+)は重炭酸塩イオンと結合して中和され、最終的には二酸化炭素(CO2)と水(H2O)に分解されます。炭酸ガスは肺から吐き出されます。こうして作られた酸の約3分の2は体外に排出されます。呼吸が活発になることで、短時間にかなりの量の酸を排出することができるのです。長期的には腎臓からの排泄が効果的です。尿中には、重炭酸塩のほかに、アンモニア、炭酸塩、クエン酸塩化合物が酸の緩衝材として含まれています。また、腎臓は呼吸によって排泄されない酸を排出することができます。効果的な排泄のためには、十分な飲酒が前提になります。また、体内の酸は汗や腸から一定量排出することができます。

胃の粘膜は、消化の際に塩酸と重炭酸塩を形成します。塩酸は胃の内部に入り込みます。重炭酸塩の一部は、血液を介して膵臓に到達します。そこで濃縮された後、小腸に放出され、胃から食物のパルプとともに腸に入った塩酸を中和します。その結果、血液中の重炭酸塩濃度が一時的に高くなり、アルカリ性洪水とも呼ばれます。これは、結合組織を定期的に洗い流し、酸を緩衝して腎臓に運び、排泄させるものです。

硫黄を含むアミノ酸由来の酸
酸性の果物を食べても、酸の過剰摂取は起こりません。逆に、レモンはクエン酸を含んでいるにもかかわらず、クエン酸マグネシウムなどの成分によって生体をアルカリ性にする効果もあります。乳酸、リンゴ酸、酢酸など他の有機酸も、体を過酸にすることはありません。果物、酢、酸っぱい乳製品などの食品に含まれたり、エネルギー代謝の中間生成物として形成されます。生物はこれらの酸を完全に分解し、二酸化炭素と水にします。肺では、CO2は完全に吐き出されます。そのため、これらの酸は揮発性酸または呼吸性酸と呼ばれています。これらは、いわゆる固定酸とは区別して考えなければなりません。固定酸は呼気と共に吐き出すことができません。それは硫黄やリンを含む化合物が分解されることで生成されます。硫黄は、特にアミノ酸のメチオニンやシステインに多く含まれるため、タンパク質を含むすべての食品に存在します。肉、魚、チーズでは、豆類、穀類、ナッツ類よりやや高い割合となっています。さらに、硫黄はワイン、ドライフルーツ、ジャガイモ製品に添加される可能性があることが分かっています。リンは多くの食品に自然に含まれており、例えばコーラ、プロセスチーズ、肉・ソーセージ製品などに添加物として含まれています。

アルカリ性食品はミネラルを豊富に含む
野菜、果物、イモ類、ハーブなど、適度なたんぱく質を含むミネラル豊富な植物性食品は、特に強いアルカリ性を示すとされています。また、炭酸水素塩を多く含むミネラルウォーターは、強いアルカリ形成作用、脱酸作用があります。アルカリの効果は、リンゴ酸カリウム、炭酸カルシウム、クエン酸マグネシウムなどのミネラルと有機酸の化合物によるものが主体です。いろいろな本で宣伝されている、いわゆるアルカリ性の食事は、野菜、果物、芋類などのアルカリ性食品を3分の2程度にしたものです。1日の食事のうち、酸を発生する食品は3分の1だけでよいとのことです。肉、魚、チーズ、卵はもちろん、パンやパスタなどの穀物類、アルコール類も含まれます。

一部の食品の酸の影響ははっきりしない
酸塩基平衡に関する出版物やガイドブックには、食品によって酸塩基平衡に及ぼす影響について、まったく異なる記述があることがあります。著者がどのようにその評価に至ったかは、しばしば不明です。食品の酸負荷量を推定するための信頼性と科学的裏付けのある資料として、RemerとManzによる腎臓への潜在的酸負荷量(PRAL)があります(表参照)。アミノ酸由来の硫黄分、リン、その他のミネラル、腸管での吸収率など、100gごとの酸性・塩基性の値を算出します。呼気と共に吐き出すことができない排泄が必要な酸を、腎臓を経由して排泄され、その過程で塩基性緩衝剤を消費する、排泄すべき酸の吸収についての表出を可能にしています。

食品 mEq/100g
野菜類 - 0.8〜 - 14.0 B
果物 - 1.9〜 - 6.5 B
野菜ジュース - 2.8〜 - 4.8 B
果汁類 - 1.0〜-2.9 B
ハーブ類 - 5.3 〜 - 12.0 B
砂糖、菓子類 - 1.4〜+3.7
穀類 +37〜+12.5 S
パン + 1.8 〜 + 7.2 S
牛乳、ヨーグルト、フレッシュチーズを飲む + 0.7〜+ 1.2 S
セミハードチーズ + 18.6 to + 26.4 S
プロセスチーズ+28.7 S
魚類 + 6.8〜+ 13.5 S
肉類・ソーセージ + 4.1〜+ 19.0 S

表1:食品群の潜在的な酸負荷(単位:食品100gあたりの酸のミリ当量(mEq/100g))。プラスは酸負荷(S)、マイナスは酸負荷が陰性で、食品は塩基形成(B)であることを示す。

潜在性アシドーシス:緩衝系の過負荷
急性代謝性アシドーシス、すなわち血液中のpH値が明らかに変化するという意味での食事が関係する酸血症は、非常に肉が多く、野菜の少ない食事をしていても起こりません。これは、腎臓の酸排泄能力が食物からの酸負荷よりもかなり高く、体内には緩衝のための優れたメカニズムが備わっているからです。急性代謝性アシドーシスは、例えば、重度のケトアシドーシスを伴う糖尿病性昏睡や、酸の排泄が大幅に低下した慢性腎不全の状況下で発生します。
とはいえ、酸の多い食事は、健康な人でも長期的には潜在性アシドーシスという結果をもたらすことがあります。この場合、血液中のpHはまだ生理的な許容範囲内ですが、すでに酸性側にシフトしています。結合組織、血液、体細胞の緩衝能力が低下しているか、過剰なストレスを受けています。潜在性アシドーシスの典型的な兆候は、腎臓からの酸排泄量の増加であり、これは部分的にしか緩衝されていません。このように、一般的な混合食は、バランス食やラクト・オボ・ベジタリアン食(乳卵菜食)に比べて、有意に低いpH値(24時間尿で測定)を示しました。緩衝剤はミネラル摂取によっても供給されるため、潜在性アシドーシスの結果、ミネラル損失が大きくなることも多いです。軟骨や結合組織は、確かに酸を緩衝する能力があります。しかし、これによって特性が変化し、物質の輸送が損なわれたり、体細胞間の強化構造を形成する課題ができなくなったりします。

骨にやさしい豊富なアルカリ
特に骨粗鬆症に関しては、酸塩基平衡が影響していることが明らかです。わずかなアシドーシスでも、骨量の減少につながります。持続的な酸の負荷は、骨からのミネラルの放出を促進するという研究結果があります。アシドーシスの代謝状態では、骨を壊す細胞(破骨細胞)の活動が活発になります。野菜や果物、アルカリ性の価値物を多く含む食事は、間違いなく骨密度が高くなる と考えられています。

タンパク質の摂取量が増えると、腎臓からのカルシウムの損失が増加することが、さまざまな研究で示されています。これらの研究では、タンパク質1グラム追加につき0.8〜1.5mgのカルシウムが追加で失われると想定しています。これは実は、酸の問題でもあるようです。ある研究では、緩衝作用のある炭酸水素塩を同時に投与すると、カルシウムの追加的な損失は生じないことが示されました。
タンパク質の摂取量が増えるにもかかわらず、乳製品は骨の安定にも寄与しています。確かに、乳製品によるタンパク質の追加摂取は、腎臓からのカルシウムの損失を増加させます。しかし、これらの損失は、たとえ再吸収率が30%であっても、乳製品に含まれるカルシウムが補って余りあるものなのです。要するに、牛乳のタンパク質を中和するのに必要なカルシウムの約4倍が吸収されるということです。2004年のFAO(国連食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)の計算では、適度なたんぱく質の摂取はカルシウムのバランスを緩和するため、カルシウムの必要量が減少することが分かっています。特に、動物性タンパク質の摂取量を減らした場合(1日60グラムから20グラム)、カルシウムの推奨摂取量の計算値が4分の1に減少することが分かっています。

リューマチや血管の病気の原因?
また、潜在性アシドーシスや結合組織の代謝障害は、多くの血管疾患やリウマチ性不定愁訴の原因となります。もし、高酸症が実際に結合組織の構造や機能を損なっているとすれば、これらの訴えに潜在性アシドーシスが関与していることは十分理解できるでしょう。リウマチ性疾患では、多価不飽和脂肪酸の一種であるアラキドン酸も炎症に重要な役割を担っています。肉類などの酸を形成する食品に多く含まれるか、あるいはもっぱら動物性食品に多く含まれます。潜在的な酸の過剰はアラキドン酸の問題を悪化させる可能性があります。

痛風では、尿酸の排泄が障害されます。これも酸の問題で、潜在性アシドーシスによって悪化する可能性があります。痛風は、動物性タンパク質、つまりプリン体を大量に摂取することで症状が悪化することが知られています。腎臓結石、皮膚疾患、脱毛など、少なくとも潜在性アシドーシスが関与していると思われるわかりやすい徴候もあります。その他、潜在性アシドーシスの結果として数多くの疾患や健康障害が論じられています。心臓不整脈、結合組織の弱さ、高血圧、循環器障害、腰痛、インスリン抵抗性、筋肉の減少、慢性疲労など。しかし、信頼できる科学的な研究は、ときたまにしか見受けられません。

ストレスは酸の生成を促進する
また、ストレスや緊張も酸の問題を増加させます。ストレスは、アドレナリンやノルアドレナリンの分泌を促します。心拍数と血圧が上昇し、呼吸数が増加すると同時に、呼吸の深さが減少します。より多くの脂肪酸が放出されます。呼吸が速くなり、同時に浅くなります。これは、重炭酸塩バッファーが再生できる量が少ないことを意味します。最終的には、ストレスホルモンの分解も酸の生成に行き着くのです。また、ストレスで筋肉が緊張し、酸を除去しにくくなることもよくあります。

結論として、食事は酸塩基平衡に大きな影響を与えます。健康な人の場合、肉、ソーセージ、卵、魚、チーズなどをたくさん食べる強酸性食で、顕性アシドーシスになることはありません。とはいえ、潜在性アシドーシスのリスクがあり、尿からのミネラル損失が増加し、特定の病気のリスクが高くなります。一方、運動は主に腎臓と肺を経由して酸の排泄をサポートします。これは、酸を含むすべての代謝産物が、筋ポンプによって静脈とリンパの還流を経てよりよく運ばれ、ますます排泄されるようになるためです。したがって、スポーツは筋肉や結合組織の脱酸に貢献することができます。

出典:Verband fur Unabhangige Gesundheitsberatung
   Martin H.-H. UGB forum 2/17, p. 86-89
   https://www.ugb.de/ernaehrungsplan-praevention/saeure-basen-haushalt/

パウル・シュミットのバイオレゾナンスが学問に


ディートマー・ハイメス氏、ローマの大学の教授に任命
2018年8月24日 フォルカー・エーベルツ

メゲン:ローマのサンパオロ大学に、パウル・シュミット式バイオレゾナンス科学の講座が、ヨーロッパで初めて開設された。
ディートマー・ハイメスが、ローマの大学の教授になる…。

レヨネックス社社長であるProf.ディートマー・ハイメスは、「歴史的な日」と言っている。彼はローマのサンパオロ大学の、バイオレゾナンス科学の部長と教授に任命された証書を受け取った。学生たちは将来この永遠の都で、学士課程及び修士課程の枠内で、パウル・シュミット式バイオレゾナンスの方法を学び、研究することができる。
これはハイメス氏と同社にとって、騎士に叙任されるにも等しい。「我々はメキシコと日本の大学ですでに講義を行ったことがありますが、ローマはパウル・シュミット式バイオレゾナンスが独自の講座となるヨーロッパで最初の大学です」と同氏は述べている。彼はこのテーマを24年来追求している。
「これはこのトリートメント方法が確立し、さらに発展を遂げるために、非常に重要な一歩なのです」 最初の三学期の基礎授業で、学生はレヨネックスが開発したバイオレゾナンス器を実際に使うことを学ぶ。特に慢性疾患のトリートメントである。試験の後では、学生は自分で療法所を開業することができ、それには国からの経済的援助を受ける可能性もある。
「学生を直接仕事へと導く教育なのです」とハイメス氏は言っている。経験の宝庫 レヨネックスにとって同様に重要なのは、大学でバイオレゾナンスを実際に使うことにより集められる、様々な病像の多くの医学的データである。これはバイオレゾナンスをヨーロッパのほかの国でも社会的に認めさせるのに役立つ、経験の宝庫である。 というのはバイオエネルジェティックの振動の効果は、多くの国特にドイツで、西洋医学から受け入れられても、認識されてもいない。
ハイメス氏によると、「ドイツでは、自分の名声に傷をつけることがないよう、代替医療と取り組んでいる大学は、ほとんどありません」イタリアはその点、ずっとオープンであるそうだ。 今では43か国でその製品を販売しているレヨネックス社が、商業的な興味も追っていることを、ハイメス氏は否定しない。医療機器という認可を得るためには、何百万ユーロもの費用が掛かり、それは流動資金のない企業が払えるものではないからだ。しかし前面にあるのは、医学とトリートメントの方法である。「人を助ける、というのが私たちの哲学です」と教授は言っている。 それはイタリアの大学の学長であるコンティリ猊下も確信するところである。「このプロジェクトは未来への投資です」と学長は、メゲンにあるザウアーランドピラミッドのレヨネックスセンターで行われた、新しい学部の紹介でも言っている。すべてのレベルで変化する世界では、新しい道を行く必要があり、それは医学でも同じことである。レヨネックスはその道を、既に20年前から進んでいるのである。

ドイツ振動医学推進協会 日本支部ドイツ振動医学推進協会 日本支部

〒166-0001
東京都杉並区阿佐谷北
1-43-13 AIビル 3階
TEL 03-5356-7330
FAX 03-5356-7332